ECO効果
トップページ→ECO効果

ECO効果

ここ最近、「オール電化はエコ」であるとという言葉が、テレビなどからよく聞かれます。
CO2削減をうたい文句にしてるメーカーも多いようです。
しかし、オール電化は、本当に環境によいのでしょうか?

オール電化がエコといわれる理由は、CO2を排出しない原子力発電によってエネルギーが供給されるからというのが一般的です。CO2排出が抑えられることによって地球温暖化防止になるということにより、売り上げも伸びているようです。

ただ、オール電化にも弱点があります。
原子力発電は、常にフルパワーで発電を行わないと、エネルギー量が不安定になります。
そのため、最低使用電力は、オール電化の場合のほうが高くなります。


また、電力の需要は、原子力発電でまかなえる電力量を超えているので、足りない分は火力発電により補っています。
つまり、オール電化であっても、CO2の排出をしているということになります。

場合によっては、電気料金は安くなっても、CO2の排出量は増える場合もあります。

また、家庭におけるCO2の排出量は、全体の5分の1程度で、ほとんどが産業界です。

また、電気料金についてですが、家庭では、電気は使えば使うほど料金がかかるのに対し、企業向けの電気料金は、基本使用料が高額で、単価は一定になっています。
つまり、使えば使うほど割安になるという仕組みになっています。

このことからもわかるように、家庭においては、省エネにするメリットがありますが、企業においては、省エネにすることによるメリットがありません。

まずは、大口の企業対策をしない限り、エコは実現しませんね。
在宅ワーク
在宅ワーク(副業・内職)支援サービス!
i2iポイント
空いた時間に簡単お小遣い稼ぎ!業界最高水準の還元率!
ダイビング ショップ
ダイビング器材のことならここでバッチリ!